クレジットカード付帯 海外旅行保険 レンタル保証金 0円

クレジットカード付帯の海外旅行保険でWiFiの保証金を0円にする方法

割安のWiFiレンタルをしたのに、機器の賠償責任の保証金が高くてはなんだかお得感が消えてしまいます。

 

そこで、この機器の賠償責任をクレジットカード付帯の海外旅行保険でなんとかならないのかと調べました。

 

その前に、WiFiレンタル事業社の機器を壊したり、紛失をした時のための保証金ってどのくらいかと申しますと、
各事業社2つのプランがあって保証金はほとんど同じです。

 

  1. 8割免除で2割負担→約250円(日)
  2. 全額免除→約350円(日)

 

5泊6日のタイ旅行の場合
約2100円(350円×6日)

 

これでは、WiFiレンタルの3日分に等しく、タイでしたら豪華ディナー分です。

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険

海外旅行保険が付帯のクレジットカードは限られてきます。
さらに、レンタル品の賠償責任が使える、そして年会費無料となると更に限られます。

 

上記の条件をクリアーしたカードが『JCB EIT』でした。

 

◎海外旅行保険内訳
●傷害死亡・後遺障害 2,000万円
●治療費用 100万円
●救援者費用 100万円
●賠償責任 2,000万円
●携行品損害 20万円

 

携行品損害が適用するかと思っていたのですが、電話をして聞いてみたところ、レンタル品は賠償責任2000万円が使えるということでした。
そして、気なるところ、航空券をJCBEITで決済したとか、ツアー代金をJCBEITで決済をしたとかは問われないとのことでした。
※念のため渡航前にご確認して下さいね。

 

年会費無料でこれだけ充実した海外旅行保険付帯のカードと考えたら海外旅行者にとっては1枚持っておいてもいいかもしれませんね。
2000円のキャッシュバックキャンペーン中だそうです(期間限定・条件付き)