バンコク 無料 WiFi スポット

バンコクの無料WiFiスポット事情

バンコクのWiFi環境はそんなに発達してはなく、今まではホテルでも実質的にロビーやレストラン、ビジネスセンターだけでしか利用できないとか、各部屋ごとの環境はまだまだケーブル回線接続が主流とかでした。

 

カフェでもカウンターでチケットを購入する「TrueMove」がメインでした。

 

MBKにも置いてあるこのサービスは、かつて「Green Bangkok Wi-Fi」というサービスだったものが2011年に終了し、そのなごりで引き継いで使っているところがあります。
このサービスは大体のお店は入り口付近に「Wi-Fi FREE」というマークがあり、コレが目印になっています。
バンコクでの無料Wi-Fiアクセスポイントでインターネットをした場合は特に不便に感じることはない模様ですね。

 

日本よりインターネット速度はゆっくりな感じがしますが…。

 

またスワンナ国際空港にも無料Wifiアクセスポイントがあり、出国審査後にあるインフォメーションセンターでIDとPasswordをもらうことで15分間だけ使うことが出来ます。
それ以上の利用したいとなると有料のWLAN NetかWeb PHONEに頼らざるを得なくなります。

 

そんな中、タイICT(情報技術・通信)省は2011年12月28日より、TOTの協力の下「Free Public WiFi」サービスを開始させました。

 

これはタイ全国のバスターミナル、国鉄駅、県庁、警察署、公立の学校、病院や主要な観光地など2万カ所に、無料のWi-Fi(無線LAN)が利用できるアクセスポイントを用意。
そして5年以内に25万カ所以上での開設が目標とのことです。

 

アクセスポイント周辺には看板表示などはなく、Wi-Fiに対応するデバイスで、「ICT_FREE_WiFi」というネットワークが表示される場所で利用が可能です。

 

利用方法は、登録画面(写真)にて名前、住所、パスポート番号、メールアドレスなど必要な情報を入力するとユーザーIDとパスワードがもらえます。この手続きはFree Public WiFiHP(http://vip.totwifi.com/ict-metro1)から事前登録も可能です。

 

有効期限は6ヶ月、1回の接続が2時間と決まっており、ログアウトの際に手続きが必要です。

 

とはいえ、無料で使えるというのは魅力的ですので、このプロジェクトには期待したいところです。

 

海外WiFiレンタル

フリーのWiFiスポットに行かなければネット接続が出来ないとなるとちょっと不便さは否めません。
かと言って携帯電話会社の海外パケット定額サービスではちょっと割高と感じる方も多いのではないでしょうか。
そこで、格安なサービスが海外WiFiレンタルサービスになります。
このサービスの概要が分かりやすい動画がありましたので載せました。



 

グローバルデータの詳細は公式サイトへ

 

 

バンコクで使えるポケットWiFiルーターのレンタル